会社概要

会社外観
商号
恵和興業株式会社
設立
昭和52年4月14日
資本金
10百万円
売上高
2,049.4百万円(2017年度)
役員
代表取締役
笹川 恵一
取締役副社長
笹川 慎太郎
取締役専務(事業・営業担当)
勅使河原 和則
取締役常務(事業統括本部長)
本田 克幸
取締役(開発営業担当)
笹川 裕二郎
取締役社長秘書
笹川 恵美子
執行役員
事業本部長
丹治 淳史
営業本部長
相澤 幸哉
開発営業本部長
堀切 吉雄
財務・管理部長
菅野 靖子
従業員数
99名(平成30年6月時点)
事業内容
  1. 産業廃棄物中間処理施設の運営業務
  2. 産業廃棄物の収集運搬業務
  3. リサイクル技術の研究開発業務
  4. 再生路盤材の製造・販売
  5. 解体工事の監理・施工
  6. 放射能・線の測定並びに除染に関する業務

ほか

取引銀行
常陽銀行福島支店、みずほ銀行福島支店

所在地・連絡先

  • 本社
    〒981-3224 宮城県仙台市泉区西田中字杭城山55-6
    022-347-9961
    022-347-9962
    【地図を見る】
  • 事業統括本部
    〒960-1107 福島県福島市上鳥渡字しのぶ台4-6
    024-593-5456
    024-593-5508
    【地図を見る】
  • 仙台オフィス
    〒980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-1-20 花京院スクエア13F
    022-281-9251
    022-281-9252
    【地図を見る】
  • ケイワ・ゼロエミプラント仙台(2008年1月開業)
    〒980-3224 宮城県仙台市泉区西田中字杭城山55-6
    022-347-9961
    022-347-9962
    【地図を見る】
  • ケイワ・リサイクルセンター仙台(2001年9月開業)
    〒981-3224 宮城県仙台市泉区西田中字杭城山47-1
    022-347-9961
    022-347-9962
    【地図を見る】
  • ケイワ・リサイクルセンター福島(1999年6月開業)
    〒960-2156 福島県福島市荒井字北一の坂3-1
    024-593-1451
    024-593-3847
    【地図を見る】
  • ケイワ・ゼロエミプラントならは(2017年5月開業)
    〒979-0513 福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字仲丸1-35
    0240-23-6089
    0240-23-6098
    【地図を見る】
  • ケイワ・エコグリーン株式会社(グループ企業)
    〒963-0921 福島県郡山市西田町鬼生田字大谷地410-1
    024-981-0531
    024-981-0533
    【地図を見る】

沿革

昭和52年
福島県福島市に誠和興業株式会社を設立
昭和57年~61年
しのぶ台団地の造成・販売(福島県福島市上鳥渡)
昭和59年
社名を恵和興業株式会社に変更
昭和62年
産業廃棄物安定型最終処分場開設(福島県福島市荒井)
産業廃棄物収集運搬業務許可取得
平成11年
産業廃棄物リサイクルプラント(福島県福島市荒井)
「ケイワ・リサイクルセンター福島」開設
平成13年
産業廃棄物リサイクルプラント(宮城県仙台市泉区)
「ケイワ・リサイクルセンター仙台」開設
平成19年
産業廃棄物リサイクルプラント(宮城県仙台市泉区)
「ケイワ・ゼロエミプラント仙台」開設
平成23年
本社を「ケイワ・ゼロエミプラント仙台」内に移転
平成24年
宮城県災害廃棄物処理業務<気仙沼ブロック(南三陸処理区)>
において、清水建設JV 造粒前処理施設・造粒施設の運営管理業務を受託
平成25年
<気仙沼ブロック(南三陸処理区)>受託業務完了
造粒処理により61,000tの復興資材を製造
平成26年
安定型最終処分場の埋立処分終了
平成27年 6月
「ケイワ・リサイクルセンター仙台」リニューアルオープン
平成27年12月
「事業統括本部」社屋新築移転
平成29年 4月
「ケイワ・エネルギーステーション仙台」開設
平成29年 5月
「ケイワ・ゼロエミプラントならは」開設

理念

≪社是≫

恐れず 驕らず 侮らず

≪企業理念≫

知恵と技術開発で地域の産業発展と自然環境との調和を図り、持続可能な社会を創造する。

≪行動目標≫

  • 環境保全への貢献
  • ゼロエミッション達成への技術向上
  • 地域復興と雇用創出

≪ミッション≫

  • 人との縁を大切にする。
  • 価値あるものを創造する。
  • 地域から変えていく。
  • 人と地球に思いやりの「わ」を広げる。
◎コーポレートマークについて
ロゴマーク ”「わ」を広げ、和で満たす”というビジョンから、つながりや循環をイメージさせる∞(無限大)を縦横に重ね会社の紋としました。
循環型社会の構築に取り組み次なる環境リサイクル事業実現の可能性を込めています。