バイオマス関連業務

ケイワ・エネルギーステーション仙台

現在、宮城県内に10万トン以上あるといわれている未利用間伐材(平成22年宮城県エネルギー賦存量データによる)

弊社ではこの未利用間伐材を有効利用し、杜の都・仙台の持続可能な都市づくりを応援するべく、2017年4月10日より
『小型木質バイオマスCHP(熱電併給)プラント』としてケイワ・エネルギーステーション仙台を稼働致しました。

フィンランドで実績の高い、小型木質バイオマス熱電併給(CHP)装置Volter40は、一時間当たり40KWの電気と100KWの熱を
同時に生み出し、エネルギー効率約78%の実現が可能です。
燃料確保の面で地元の未利用材や間伐材のみで賄うことが出来る為、森林の過剰な伐採を防ぎ、エネルギーの地産地消が
可能です。
小型装置ならではの設置の容易さから、場所を選ばず必要な場所に必要な分だけエネルギーを造ることが出来ます。

また、大きな特徴として『木質バイオマス』は備蓄可能な資源で、大気中の二酸化炭素量を大きく変動させないカーボンニュートラル且つ持続可能なエネルギーと言えます。

売電に限らず、熱利用も大きな魅力で、例えば温室ハウスの暖房や、給湯活用として温浴施設や足湯、融雪などに
利用可能です。

ケイワ・エネルギーステーション仙台では、小型木質バイオマスエネルギーの有効活用のモデル施設として、地産地消型の
エネルギーソリューションをご提案して参ります。


VOLTER40
VOLTER40 スペック
電気出力
40KW(低圧連系可能)
熱出力
100KW
寸法
4820×1270×2500
重量
4500KG
装置内部消費電力
1.5〜2KW
出口温度
70〜80℃(最大85)
入口温度
35〜55℃(最大65)
燃料
切削チップ
含水率
15%以下
(ウェットベース)
燃料消費量
38KG/h

恵和興業株式会社
ケイワ・エネルギーステーション仙台事業室

〒981-3224 宮城県仙台市泉区西田中字杭城山47-9
TEL: 022-347-9961(ケイワ・ゼロエミプラント仙台内)
MAIL: keiwa.zs@keiwa.be

  • 施設写真1
  • 施設写真2